太ってないのに肉割れ線ができる理由は?

脚やおなか、お尻などにできてしまう白い筋のような肉割れ線は、太ったときや妊娠した時などにできることが多く、急に脂肪がついたときなどに、皮膚の伸びが追い付かなくて、ぱんぱんに張り、皮膚が耐えきれなくて割れ目ができてしまうことで生じます。

 

太っていないのに肉割れが出来てしまいました。

太ってない人で肉割れができてしまう人もいますが、理由は代謝がの低下に加えて、肌の弾力やハリが不足してしまったことで起きる場合が多いです。

 

新陳代謝が低下すると、細胞の生まれ変わりが遅くなって肌ダメージを回復できなくなったり、栄養が細胞にいきわたらなくなってしまい、肌が乾燥して伸縮性が低下した結果、肉割れ線ができてしまうという仕組みです。

日常での姿勢でも肉割れ線が起きる場合も

体の一か所に負担がかかる姿勢や座り方、歩き方などでも肉割れや脂肪線ができやすくなります。
特に、生活が不規則で体重の増減が激しいという方はその時期と重なり、皮膚に負担がかかり細かい、肉割れを起こす場合もあります。

 

できてしまった肉割れはボディクリームで早めのケア

肉割れ

できてしまった肉割れには、しっかり保湿してくれるのコアでケアすることがおすすめです。

 

ノコアには、美しく健康的な美肌作りに大切なビタミンCを安定した形で肌に届けるビタミンC誘導体をベース成分として配合しています。
高浸透型ビタミンC誘導体をたっぷりと配合しているので、保湿やコラーゲン生成促進、抗酸化作用など、肌にうれしい効果を期待することができおすすめです。

 

また、ノコアは、生シアバターやアボガドなどオーガニックにこだわって作っているので、肌に優しくしっとりとした感触で、肉割れケアクリームとして注目を集めています。

 

夏用ノコア


ノコア